大阪で肝斑治療を受けるには

subpage1

肝斑は、女性ホルモンの減少が主な原因と考えられています。

あなたに合った条件の大阪のフォトに関する予備知識が満載です。

顔の頬骨あたりに、左右対称に浮き出てくるシミのような肝斑は、通常のシミとは異なる特徴がいくつかあります。



通常シミはメラニンに大きく関係し、肌の基底層にあるメラノサイトが、紫外線によって皮膚の細胞にある核のDNAが傷ついたことで、過剰にメラニンが発生し、メラニンが細胞内に増えて沈着することでシミとなってしまいます。

一方、肝斑は、女性ホルモンが原因で起こります。
現在大阪でも行っている肝斑治療には、飲み薬、外用薬、レーザー治療があります。


飲み薬による治療は、トランシーノと呼ばれる専用の飲み薬を、8週間服用することで、効果が現れるとされ、トラネキサム酸がメラニン色素の産生を抑制する働きがあります。外用薬による肝斑治療は、ハイドロキノンという外用薬を、患部に直接塗る治療方法です。

NAVERまとめの基礎知識をご説明をしたいと思います。

ハイドロキノンは、トランシーノと同様に、メラニンの生成を抑制する効果があり、内服薬と併用することで、さらに効果を発揮すると考えられています。
大阪で受けるレーザーによる肝斑治療は、肝斑のでている部分にレーザーを照射して、シミを薄くしていく治療方法です。

肝斑は、マッサージや摩擦などの刺激によって、色が濃くなるという性質がありますが、医療技術の進歩によって、肌に負担をかけることが少ないレーザーを使用することで、肝斑を悪化させることなく、色素のでている部分の肌をきれいにすることが可能です。

大阪でも肝斑治療を受けることができますから、一度受診してみてはいかがでしょうか。

基本知識

subpage2

肝斑とは、顔に淡褐色のシミとして現れ、両頬や額、下顎、鼻の下に左右対称に現れるのが特徴です。更年期や妊娠、出産などの女性ホルモンのバランスが乱れる時に起こりやすく、また、紫外線に当たりやすい部位に症状が現れやすいという点と、実際に紫外線を浴びることが、症状の悪化と関係している場合が多いことから、発症の原因は紫外線とも考えられています。...

more

美容を知るべき!!

subpage3

シミの中でも肝斑は、ホルモンバランスの乱れが原因と考えられているため、ホルモンバランスが不安定になる30代から40代の女性や更年期の女性に多く見られます。また、ピルを摂取したり、ストレスを受けやすい生活をしている場合も発症しやすくなります。...

more

知ってた?

subpage4

肝斑は、両方の頬に対照的にできる、比較的大きなシミです。これは紫外線も影響してい入るのですが、体質や加齢なども関係していると言われています。...

more

美容の実態

subpage5

年齢肌のサインには色々あります。しわ、しみ、たるみなどが主ですが、その中のシミは、お化粧もあつくなってきてしまいますし、紫外線の影響を受けて出来ることが多いです。...

more